内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(10月)

改正育児介護休業法

10月1日より育児・介護休業法が改正され、1歳6ヶ月まで可能だった育児休業の延長期間が最長2歳まで再延長できるようになりました。今回の措置により比較的保育園に入りやすい年度初め等まで利用できるようにし、育児による離職を防ごうという狙いがあります。育児休業給付金も2歳まで受給できるようになりますが子の1歳6ヶ月時点での入所待ち等の証明や再延長の申出など必要事項も出てきますのでご注意ください。
また、子が生まれる方への育児休業制度のお知らせや育児目的休暇制度の導入の促進なども努力義務ではありますが創設されておりますので育児をしながら働きやすい職場環境づくりを進めていただきたいと思います。