内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(10月)

社会保険適用拡大

平成28年10月1日特定適用事業所に勤務する短時間労働者は新たに社会保険の適用対象となります。特定適用事業所とは事業所の被保険者数(短時間労働者を除き、共済組合員を含む)が500人を超えることが見込まれる事業所です。
対象となる短時間労働者は下記の内容にすべて該当する方のみとなります。
特定適用事業所に勤めていて週所定労働時間20時間以上、賃金月額が8.8万円以上、雇用期間が1年以上見込まれており学生ではない方が対象となります。なお、労働条件等が該当していても事業所が特定適用事業所でなければ本人から希望があっても加入はできませんのでご注意ください。この場合は1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が4分の3以上となることが条件となります。こちらも同日から新基準となっておりますのでご確認ください。