内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(11月)

年末の繁忙期に前に

11月を迎え本年もあと2ヶ月となりました。来月は師走、年越しをひかえあわただしくなってくる時期となります。そのあわただしい中、発生が増える傾向にあるのが業務災害です。
業務災害が発生すると療養のために欠勤したり、勤務時間が短くなったりと人員が不足し各人の負担が増え更なる悪循環を生みかねません。そこで繁忙期を迎える前に「4S運動」や「KY活動」を行ってみてください。
4S活動は「整理・整頓・清掃・清潔」を実施することです。基本中の基本ですが改めて徹底することで災害の原因が少しでもなくなるよう実践してみてはいかがでしょう。
KY(危険予知)活動は事業所や現場での危険な箇所、例えば「床がはがれているところがあり、はがれた床につまづいたら」とか「ねじがゆるんでいてはずれた場合は」とか危険を予知して職場を見直し、直せるものは直すなどして「危険の芽」を取り除き繁忙期に備えてみてはいかがでしょうか。
また、本年は風疹の感染が流行しており、インフルエンザの流行も予測されております。こちらは目には見えませんが妊婦や胎児に影響を与える可能性がありますので予防接種やうがい・手洗いの励行等の予防法を事業所としてもうながしていただきたいと思います。。