内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(1月)

新年の幕開け

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の夏はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。昨年日本で開催されたラグビーW杯は日本中で大変な盛り上がりを見せましたが、今年はそれ以上に日本中、世界中が大いに熱くなることが予想されます。

一方、社会保障について政府は、75歳以上の後期高齢者窓口負担を原則2割に引き上げる案、厚生年金、雇用保険の加入用件の緩和、拡大など、様々な社会保障対策を推進しています。

また、本年4月1日より改正健康増進法による受動喫煙対策のため、屋内施設が原則禁煙となります。

労働環境の改善への取り組みも、新年の幕開けとともに新しいステージに入ります。今までより改善されることもあれば、それによって逆に新しく生じる問題もないとはいえません。

日々、新しい情報に触れ、社会の潮流に常に耳を傾ける努力が必要です。

老若男女問わず、楽しく働ける環境を実現すべく、気持ちを新たに皆で頑張ってまいりましょう。