内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(10月)

令和2年最低賃金について

令和2年度の最低賃金の引き上げ額が示されました。本年は新型コロナウイルス感染症の影響により前年度までの引き上げとなりませんでした。神奈川県は1円引き上げの1012円が10月1日からの最低賃金となっております。
神奈川県では10年の間で200円強の引き上げとなっており、経営努力だけでは難しくなってきていることと思います。また、最低賃金での求人は人が集まりにくいため都市部などでは1000円を上回る状況での求人募集となっております。
しかし、時間給労働者は非正規雇用が多いため、正規雇用との平均賃金の格差は縮むことになり望ましいこととも言えます。
また月給者の場合でも所定労働時間で除して最低賃金を下回るような基本給になっていないかもご確認いただければと思います。下回るようであれば基本給や手当を見直す必要があります。罰則もありますので下回らないようご注意いただきたいと思います。