内野労務管理事務所からのお知らせ

労務トピックス(1月)

育児・介護休業法の改定について

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

子の看護休暇・介護休暇が変わります。

令和311日より、育児や介護を行う労働者が子の看護休暇や介護休暇を柔軟に取得することができるよう、育児・介護休業法施行規則等が改正され、時間単位で取得できるようになりました。

 

改正内容

・半日単位 → 時間単位での取得が可能に

・一日の所定労働時間4時間以下の労働者は取得できない → 全ての労働者が取得可能に

 

平成30年公表の雇用均等基本調査によれば、時間単位での休暇取得を実施している企業は2割弱で、約8割の企業が今回の改正により対応が迫られているといえ、就業規則、労使協定の見直しが必要です。